© sunnin inc. | Linkedln

interview

サンニン株式会社 | sunnin, Inc.

Sunninを選んだきっかけ

以前は美容師として働いていました。その際に、学生時代に建築構造を学んできた経験を買われて新店舗の開設や、別事業の宿泊施設の内装・家具の計画に参画させていただいたことがありました。しかし、基本構造を作る工事と内装工事はもちろん畑が全然違うため、あまり役に立つことができませんでした。少しでも役に立てるように勉強を初めたことで、内装工事の表現方法が多彩で自由度が高い点に魅力を感じ、学生の頃に挫折してしまった建築の分野に再度興味が湧きチャレンジしてみようと思ったことが転職のきっかけでした。

求人サイトを色々閲覧すると、その会社の得意としているデザインが落とし込まれた似たような事例が並んでいる企業が多く、結局デザインの型を決められてるのかと嘆息しながら転職サイトを1年近く見ていました。

そこで、ふと現れたのがサンニンの求人だったんです。事例を見ると、デザインのテイストに決まりを感じず、お客様の要望を汲み取ってデザインしてると感じた上、ヒアリングからデザイン設計、施工・アフターサポートまで一貫して携われるとの事でしたので、迷わず面接を受けました。

 

 会社として教育制度などが整いきっていない中でのスタートだったため、入社直後は戸惑うこともありましたが、その分自分たちで切り開いて挑戦していくという働き方に面白みを感じていています。

 

現在の仕事

お問い合わせいただいたお客様へのヒアリングからデザイン設計とそのご提案、提案書に必要な図面やパースなどの作成など幅広く行なっています。最近は空間を様々な角度から見ることができるウォークスルー動画の作成にも手を出してみてます。

もちろん現場にも足を運びますが、設計した空間が形になるのを目にすると、とても高揚感が高まります。

写真はサインの貼り付けをしているところです。ワンストップの業務の中には、このような細かい作業まで含まれており、一つ一つの作業があって空間が成り立つことを感じられます。

仕事で大変なこと

空間は、お客様と共に作り上げるものだと思ってますが、お客様の意見や要望を予算・物件状況などを考慮した上でいかに近づけていく事ができるかが、一番悩むポイントです。

金額を抑えつつ代替可能な事を見つけては、何度も打ち合わせし予算内で最大限良いものをご提案させていただいたます。お客様とは不思議と戦友のような絆が芽生え、ありがたくも竣工後も良い関係が続いている事が多いです。

 

「コミュニケーションが最高のデザインを生んだ」エピソード

内装の工事では、壁を貼る人や水道屋さん、電気屋さんなどそれぞれの業者で相番になる事がよくあるのですが、コミュニケーションをあまり取らないことが多いです。みんなで1つの空間を作り上げていっているので私は差し入れだったり、両業者に関係するような内容を質疑してみたり交流する時間を作っているのですが、そうする事で現場の息が合い工事の流れがスムーズになるのはもちろん、両業者の作業が交わる施工箇所で、思いもよらぬ施工方法を提示していただけるんです。『この業者がいるならこういった収め方ができるよ』などといった、施工前に諦め妥協していた箇所を綺麗に協力して作り上げてくれます。細かいところに作り込みは各業者が協力してデザインの良いものが出来上がるのだなと、日々実感します。

 

将来なりたい姿

人間の特性に合った仕事環境を考えるエルゴノミクスに基づき快適なオフィスを提供したり、意匠性に富んだ空間を生み出すことに限らずに、ご依頼いただいた企業様の企業成長を促せるような『経営・管理・広報などの多側面からの提案』や『空間とそこに適した法定外福利厚生の提案』など、空間デザインと付随してソフト面も向上できる人間になれたらと考えてます。

 

プライベート

温泉にいったり、猫とじゃれあったり、子供と遊んだりする事が多いです。

最近はあまり行けてないですが、観光客の少ない島に行って意識的にSNSやインターネットを遮断し文明退化させて全身全霊身体で遊ぶ事が好きです。普段見えないもの、成長する事で見えなくなってしまったものが見れるようになります! 

contact

ご相談・ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください