© sunnin inc. | Linkedln

interview

サンニン株式会社 | sunnin, Inc.

Sunninを選んだきっかけ

高校時代の友人の紹介でサンニンを知ったことがきっかけでした。

時間を大切にして欲しい、「365日、1秒でも早く帰りたくなる空間を作りたい」という社長の言葉に共感し、仕事に専念しながらも自分の時間を大切にできる点に魅力を感じました。

           
現在の仕事

店舗出店をしたいお客様、オフィスを探している法人様、家を探している個人のお客様など、ターゲットに縛られることなく物件の提案業務を行っています。

仕事で大変なこと

ゼロから空間を作り出す内装工事とは違い、もともと存在するものを売るという点が難しいと感じています。無数に存在する不動産業者の中で、いかに他との差別化するかが最大の課題です。

 

仕事の要と言われる「ヒト・モノ・カネ・情報」の中で、既存商材を扱う不動産業者が差別化できるポイントは「ヒト」だと考えています。既存の「モノ」を正当な「対価(=カネ)」をいただいて提供する上で、お客様に寄り添う姿勢を大切にする「ヒト」こそが最も大切です。

 

どうしたら「ヒト」で差別化ができるのか。容姿や声質などの身体的特徴ではなく、お客様のご要望を理解する姿勢が最も重要だと考えています。お客様の「こんな家に住みたい」や「こんな課題を解決できるオフィスを探している」といったご要望を深く理解した上でご提案していることを伝える意識をしています。

 

お客様の希望条件に合致する物件のご紹介が難しく、コミュニケーションが滞ってしまうことも多々あります。しかし、お客様の希望を理解した上で提案していることがしっかりとお伝えできれば、どんな点が求める条件と合っていないか反応していただけるため、ご要望をさらに具体的にすることにつながります。

 

 

「コミュニケーションが最高のデザインを生んだ」エピソード

全く知らない人同士からのスタートで、そのお客様がどんなポイントに喜びを感じられるのかを手探りで探していきます。物件情報が多ければ多いほど嬉しいお客様もいれば、譲れない条件に合致した物件を求めるお客様もいます。

 

目の前のお客様が本当に求めていることはどんなことなのか、お客様のことを理解する姿勢を伝えることで関係を築けることがやりがいです。

 

将来なりたい姿

暮らしや仕事の基盤である不動産を取り扱うものとして、「お客様から頼られる存在」になることを目指しています。

そのために「広い視野を保ち続けるための余裕」を自分自身で持つことが必要だと考えいるため、仕事はもちろんのこと、プライベート充実のためにやりたいことに対して貪欲に取り組む意識を持って行動しています。

 

プライベート

音楽、バイク、写真、動画制作が趣味です。

休日は、仲間とバイクで地方まで行き、道中で景色の写真を撮ったり名物を食べたりしています。帰宅後は、撮ってきた動画に自作の音楽をつけて編集したりもして楽しんでいます。

contact

ご相談・ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください