© sunnin inc. | Linkedln

interview

サンニン株式会社 | sunnin, Inc.

Sunninを選んだきっかけ

大学を卒業してから、大手家具メーカーで販売の仕事をしていました。椅子や机などの”モノ”を提供する中で、お客さんがそれをどんな場所で、どのように組み合わせて使っているのかというところまで案内できたら、もっと実際の生活に根差した提案ができるのではないかと思うようになりました。それがきっかけで空間に興味を持ち、設計や建築に絞って転職活動をする中でSunninに出会いました。設計や建築は学校で学んできたことではなかったので、未経験でも働くことができる点に惹かれて入社しました。

 

一緒に働く人たちは、わからないことがあってもまず挑戦しよう、一緒に開拓しようという気持ちが強く、変化やチャレンジを前向きに捉えて楽しめる人が多いと思います。

 

現在の仕事

現在は、お客様から受けた依頼を一貫して担当しています。依頼をいただいてから、ヒアリング→設計プランニング→提案→発注→工事進捗の確認を現場でするというのが一連の流れです。一つの案件を最初から最後まで一貫して担当することで、自分が設計した空間をお客様と話しながらより良いものにしていくことにやりがいを感じます。

仕事で大変なこと

限られた時間の中で最大限にいいものを作ることです。いいものを作ろうと思えばいくらでもデザインに時間をかけることができますが、お客様が希望する納期があり、時間的な制約がある中でどれだけお客様の想いを反映したものが提供することができるかが重要になってきます。

同時進行で複数の案件を進めることが多いため、一つの案件だけに力を入れすぎて他が疎かになることがないようにチーム内で協力しながら調整することを心がけています。

 

「コミュニケーションが最高のデザインを生んだ」エピソード

オフィスデザインは決して一人だけで成し遂げられるものではなく、大工さんや照明のプロ、植栽のプロなど、各方面のプロの知恵を借りながら実現しています。Sunninはお客様の想いを一番近くで聞く立ち位置にあり、お客様の想いを私たちが代わって、協力してくださるプロに伝えることで一つの目標に向かって連携して進んでいる感じがしています。だからこそ、多方面からの力を借りられるようにコミュニケーションを大切にしています。

 

将来なりたい姿

物理的な場所に囚われることなく、どこでも働けるようになりたいです。

というのもインターネットですぐに繋がることができる今、どこにいてもデザインのノウハウや、今まで培っていきた仕事上の関係性があれば仕事を頼んでくれるような状況が理想だと思っています。どこにいても仕事ができるし、どこからでも依頼をしてもらえるような人になりたいです。

 

プライベート

大学生の頃から、ライブハウスや教会でアコースティックギターの弾き語りを続けているので、ライブで歌うことが趣味です。コロナが流行ってからはなかなかできていませんが、音楽をはこれからも続けていきたいと思っています。

 

また、よく外を歩いています。このご時世なのでなかなか遠くにはいけないので、散歩をしながら街並みを眺めてリフレッシュしています。

contact

ご相談・ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください