© sunnin inc. | Linkedln

interview

サンニン株式会社 | sunnin, Inc.

Sunninを選んだきっかけ

前職までは現場管理というポジションで内装業に携わっていました。

現場管理をする中で、「自分でもレイアウトをしてみたい」「もう少し施主様と距離の近い仕事がしてみたい」など、次のステップに進みたいという気持ちが大きくなり色々模索していたところ、先輩にSunninを紹介していただきました。数ある設計事務所の中でSunninに惹かれた理由は、ずばり社員の人柄でした。

入社前に何度かお会いする機会があったのですが、真面目だけどユーモアのある人が多いという印象を受けました。入社後は予想通り、多種多様なユーモアを持つ人たちと仕事をすることができ、日々楽しく業務に励んでいます。

 

現在の仕事

現在はPMに立つことが多く、案件の進行管理、現場管理を多く担当させてもらっています。

お客様へのヒアリング、お見積もりの作成、協力業者様の手配関係、アフターケアに一貫して携わることで、より案件への思い入れが強くなり内装業の面白みを感じている日々です。

レイアウト・デザインの作成に関しても少しずつ経験させてもらっており、自分の考えたプランが形になることはとても嬉しい反面、次に繋がるような気付きも多くあり日々勉強中です。

このようにサンニンでは、営業・設計・工事と区切りをつけておらず一通り担当することができるため、自分の強みは活かし、経験の浅い部分も伸ばしてレベルアップできる環境だと思います。

仕事で大変なこと

納期がタイトな案件は、素早く的確な判断が求められるためやはり大変ですが、乗り越えた時に一つ大きく成長できたなと毎回感じています。

その次に同じような規模感のものをタイトなスケジュールでやる際、前回よりは立ち回りや進め方をうまくできた実感があり、大変な案件は筋トレのようなものだなと感じています。

また、レイアウト、デザインをする際に建築基準法や消防法等の法規を考慮する必要もあり、各管轄機関とのやりとりをいかにスムーズにこなすかが今後の課題です。

 

「コミュニケーションが最高のデザインを生んだ」エピソード

お客様とのコミュニケーションの中から生まれたデザインにも毎回グッときていますが、現場で職人さんとのコミュニケーションを通して出来上がった瞬間も醍醐味だなと感じています。

例えば、図面上ではこの高さで設計したけれど、現物を目にしてみるともう少し低くした方が使いやすそうだねと話し合ったりと、検討が必要な箇所も多々あります。設計図を読み解き、良いものを作るために時には臨機応変になることも大切で、そこには人と人とのコミュニケーションが必須だと実感しています。

 

将来なりたい姿

「縁の下の力持ち」になりたいです。思えば学生の頃からずっと目標にしている人物像で、そういえばこの人がいるとなんとなくうまくいくなあ、安心感があるなあ、と感じてもらえたら本望です。

お客様、協力業者様はもちろん、社内からもそう見てもらえるようなポジションになるべく、日々、知識・スキルを確実に増やしていけるよう目の前の案件から大切にしていきたいです。

 

プライベート

月1回は何かしら、音楽ライブに行っています。(今はコロナ禍で行けていませんが…。)

野外フェスも好きで、お酒を飲みながら聴くのも最高ですね。ジャンルとしては、夜が似合う音楽が特に好きです。あとは、散歩しながら写真を撮ったり、天体観測したり、見た目に似合わずロマンチックなことが好きです…!

contact

ご相談・ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください